ブログ

ホーム > ブログ > 未分類
ブログ
決して「器用貧乏」にならないこと 投稿日:2020年06月1日

 「自分で家を建て、車を作り、料理を毎日作り、衣服を作る。毎日子供たちに学問を教え、時々自分で髪を切り、遊園地のような施設を作り子供たちと遊んでいる」

私の周りにはこのようなスーパーマンは存在しません。

 

なんでも自分でできるようになると、組織も社会も必要なくなります。

世界中のすべての人類が、何でも自分でできる自給自足なんてことはありえません。

 

人は誰かの役に立ち、誰かの支えの上に成り立っています。

自分でできることを提供し自分のできないことを提供してもらうという「双方向で相手のできないことを楽にする(傍を楽にする)」から傍楽(はたらく)なのです。

そのはたらく労力を数値化したのが対価であり、この仕組みを熟知している人ほど、自分の能力が、どこで・誰の役立つのかを知っています。

だからこそ、お金がもらえ、上手なお金や時間が使えるのです。

 

 

 

ページ先頭へ
お金持ちは依頼体質・自律体質 投稿日:2020年05月27日

 人は誰かの役に立ち、人は誰かを支え、誰かの支えの上に成り立っています。

 

自分でできることを提供し、自分のできないことを提供してもらいます。そのモノやサービスの交換ツールがお金です。そもそも、傍を楽に楽しくするからはた(傍)らく(楽)のです。

 

 何でも自分でできるようになると、「器用貧乏」になりかねません。

 

人には得手と不得手がありますから、苦手を克服する時間を省いて、苦手なものは人に助けてもらうことで時間も労力も削減でき、得意なことで人の役に立つことで、その対価を得られ金銭的に豊かになれるのです。

 

①依存体質とは、自分の意見や考えを持たず、人や情報に振り回されているレベルのことをいいます。もちろんすべてを依存しているわけではなく、何かの項目で依存が目立つ体質です。

 

②依頼体質とは、頼むべき人が周囲に存在しているレベルのことをいいます。

周囲に優秀な人が集まり、自分が望むことを専門的・実務的に協力してくれる状態です。お金持ちの周りが、まさにこの状態になっています。

 

③自律体質とは、自己管理ができ、自分で判断や決断ができるレベルのことをいいます。

時間管理や金銭管理など自律ができ、判断や決断をできる基準や水準を持っています。お金持ちと呼ばれる人のほとんどがこの体質です。

 

④自立体質とは、自分で何でもやろうとするレベルのことをいいます。

器用貧乏といわれるように、何でも自分でやろうとするあまり、人にものを頼めず、お金を使うことは少ないのですが、時間を取られ、結局金銭的な豊かさからは遠のいていきます。

 

 ちょうどいいお金持ちとは、判断や決断のための基準を持ち合わせた(自律体質)人で、周囲に優秀なサポーターがいる(依頼体質)人です。

ページ先頭へ
ちょうどいいお金持ちは、「非常識(少数意見)」であることに疑問を持たない 投稿日:2020年05月22日

非常識と思われがちで、最も常識を大切にしているのがお金持ちです。

 

・「みんなと仲良くする」ではなく、「仲良くできる人と、一人でも多く出会う」。

 

・「勉強すれば合格する」ではなく、「社会に貢献(人の役に立つ)するために勉強をする」。

 

・「働けば暮らしは楽になる」ではなく、「暮らしを豊かにするプロセスの一つが労働である」。

 

 ・事故にあったり、違反切符を切られたりしないためにも「車は自分で運転しない」。

 

・あの世に持っていけないものだから「家は賃貸を好む」。(大金持ちとは異なる思考)

 

・時間を有効活用したいので「行列には並ばない」。

 

・ストレスは最も健康に悪いと知っているので「人混みを嫌う」。

 

・ケガや揉め事を嫌うので「危険な場所には近づかない」。

 

・「価値のある物や相手にはいくらでもお金を出すが、価値のないものには一円も出したくない」。

 

 その他にもたくさんありますが、基本は世間一般的な常識ではなく、自らの行動に根拠があって、常識的に行動しているのです。

 

「自らの行動の理由」が明確ですから、文字通り「自(らの行動の理)由」な生き方です。

ページ先頭へ

真に金銭的に豊かになる7つのプロジェクト
 
真に金銭的に豊かになる7つのプロジェクト
亜紋列伝
ムービー企業情報
亜紋列伝
書籍情報 企業情報
お知らせ
伊藤亜紋のテイクイットイージー伊藤亜紋公式 Facebookブログー
伊藤亜紋のテイクイットイージー
伊藤亜紋公式 Facebook
ブログー
お問合せ
ページトップへ