ブログ

ホーム > ブログ > 未分類
ブログ
「ちょうどいいお金持ちのすすめ」セルバ出版 投稿日:2020年05月12日

【ちょうどいいお金持ちのすすめ】で検索してみてください。

ちょうどいいお金持ちのすすめには日本人が資産運用で失敗し続ける理由と、資産運用で将来の収入を確保するノウハウがふんだんに書かれています。

お金や金融を学ばずに世の中に出てしまう日本。それでも、生きていくためにお金を使い、金融商品を勧められるままに契約してしまう。

そこには判断基準も、自分に合わせる水準もないまま。

この本には、判断基準と自分サイズに合わせる水準が書かれています。社会人はもちろん、これから社会に出る子供たちにも読んでいただきたい内容になっています。

特にこだわったことは、この本を読んで実践した人たちが、大切な人に贈る本として書き下ろしたことです。

皆様が「ちょうどいいお金持ち」になられて、やりたいこと・欲しいものを手に入れるお姿を想像して書きました。

ありきたりのお金に関する知識とは違う、実益を求めた本書が皆様のお手元で活躍することを願っております。

ページ先頭へ
ちょうどいいお金持ちの「時間についての在り方」 投稿日:2019年11月3日

 時間は命そのものであり、限りのあるもの、ゆとりある時間は最高の贅沢と考えていて、「忙しい」というセリフは持ち合わせていません。

 

他人にスケジュールを組まれることを嫌い、自ら行動を選択する自由を好みます。

行列に並ぶなどという行為そのものが時間のムダであるため、人混みや行列には生息していません。

 

労働は成果や効果で考え、時間で測ることをナンセンスだと思っているので、できるだけ短時間・短期間でより良く・多くの結果を出すことを心がけています。

 

自分の時間だけでなく、人との面談や会議など、多くの人の時間をも有効に活用したいと考えているので、時間の約束にも厳しく、ダラダラとした生産性のない会議や打ち合わせを嫌います。

 

「要件を手短に」という口癖を持っている方もよくいらっしゃいます。

 

起床時間・就寝時間にもこだわりを持ち、睡眠時間やリズムを大切にしているので、常に自分のポテンシャルを高位に保つことができます。

 

これは健康維持にも関連しています。

 

 

ページ先頭へ
ちょうどいいお金持ちの「お金についての在り方」 投稿日:2019年10月31日

 ちょうどいいお金持ちは「お金は人の役に立った対価」であることを認識しているので、収入面では相手が対価を払いたくなることに重きを置いて仕事に取り組みます。

 

子供のころ、両親にお手伝いを頼まれたとき、イヤイヤお手伝いをしていた自分を思い出すときがあります。「はい、喜んで!」と気持ちよく手伝っていれば、両親がお小遣いをくれたかもしれません。

 

会社にお勤めの皆さまだったら、お客様のお役に立つのはもちろんですが、会社のための仕事をして対価である給与を得ています。ところが、社長や上司の陰口を酒の肴になんて姿はよくある光景です。

 

もちろん、彼らがお金持ちになれるとは到底思えません。お金をもらっている相手の陰口を平気で言えるのですから、「自分や周囲のためになる行動」とは程遠いものです。

ちなみにちょうどいいお金持ちは、陰口ではなく本人の目の前で、相手を思って面と向かって指摘します。

 

支出の面では、ケチケチするのではなく始末をします。

今さえよければいいという使い方ではなく、始まり(始)と終わり(末)、つまり、そのお金を使う先の効果(費用対効果)を考えたり、使うペースを考えたりしているのです。

 

ページ先頭へ

真に金銭的に豊かになる7つのプロジェクト
 
真に金銭的に豊かになる7つのプロジェクト
亜紋列伝
ムービー企業情報
亜紋列伝
書籍情報 企業情報
お知らせ
伊藤亜紋のテイクイットイージー伊藤亜紋公式 Facebookブログー
伊藤亜紋のテイクイットイージー
伊藤亜紋公式 Facebook
ブログー
お問合せ
ページトップへ